iPod nanoの使い方、機能ガイド
iPod nanoの使い方、機能ガイドトップ > 予備知識 > 著作権管理技術(DRM)とは

著作権管理技術(DRM)とは

iTMSなどの音楽配信サービスによって、
いつでも気軽に曲を購入できるようになったのは便利ですが、
ひとつ、やっかいなのが著作権管理技術、DRMともいわれます。

iPodが採用しているAACファイルには
「FairPlay」とよばれる著作権管理技術が組み込まれています。


デジタル・データはコピーすることで
同じものが簡単に複製できてしまうので、
これを保護するための仕組みです。

他にもこの著作権管理技術、大きく分けると
・マイクロソフト系のWMAファイルが採用している「WDRM」
・ソニー系のATRAC3ファイルが採用している「OpenMG」
があり、それぞれCD-Rの書き込み回数や
別のパソコンへのコピー制限が異なります。

ちなみに、これらのファイル形式は、
iPodでは扱えないので注意が必要。

iPodが採用している「FairPlay」の制限は、
他と比べてユーザにとって自由度が高く、
これが爆発的な普及につながった要因のひとつかもしれません。



« 音楽配信サービスとは | 【iPod nanoの使い方、機能ガイド】トップページ | 海外iTMS(iTunes Music Store)サイトから曲を購入する裏ワザ方法 »



|   ブログ・トップ   |