iPod nanoの使い方、機能ガイド
iPod nanoの使い方、機能ガイドトップ > 予備知識 > ファイル形式とは

ファイル形式とは

iPodを楽しむのに、音楽データをデジタル・データとして扱うわけですが、
音楽CDなどの情報をそのままで取り込むと、
ファイルサイズが大きくなります。

そこで、ほぼ同じ音質を保ちながら、
ファイルサイズを小さくするために圧縮(エンコード)を行ないます。

これはデータが繰り返しになる部分をまとめたり、
人間が聴こえないような部分を削ったりします。

この圧縮方式で一番普及しているのが「MP3」。

しかし、このMP3は著作権保護技術が取り込めないので、
各社さまざまなファイル形式が混在しています。

iPod、iTunes、iTMSが標準で扱っているのが、「AAC」という規格。
MP3よりも圧縮率が高く、音質も良いといわれています。

また、圧縮率は低いですが、音質の劣化しない「Appleロスレス」という
形式もあります。



« iPod nano で英会話を学ぶ | 【iPod nanoの使い方、機能ガイド】トップページ | CDインポートの圧縮形式 »



|   ブログ・トップ   |